引っ越しを機に誰もひくことのなくなってしまったピアノを買取してもらうことに決めた、大阪在住の50代主婦の口コミです。

売ってから後悔したことがあったそうですが、果たしてその理由とは?

【ピアノ買取の口コミ 投稿者のプロフィール】

■お名前:高野美沙(女.50代.主婦)

■お住まい:大阪府箕面市

■ピアノ買取をした理由:引越し先にピアノを置くスペースがないため

■メーカー・種類:ヤマハ・アップライトピアノ

■製造年:1960年

■買取金額:6,000円

ピアノを買取しようと思ったきっかけ

私の姉の代から家にあり、もう誰も滅多に弾くことがなくなっていました。

たまに私が弾いてはみても、調律にお金がかかったりするので、メンテナンスに困っていました。

古くなっていたこともあり、音消しして使うこともできないので、近所に音漏れもするのでどんどんと使いにくくなっていってしまいました。

そして今回引っ越すことになったのですが、ピアノを置く部屋のスペースにも困っていました。

それらを考えると、やはり手放した方がいいのではないかという結論に達して、買取を検討しました。

買取料金の低さにがっかり

当時、テレビでさんざん宣伝していたピアノ買取業者があったので、それをみて電話してみました。

その電話で製造年や型式を伝えて見積もりの値段を聞いてみたのですが、型式がかなり古いので、ほとんど値段はつかないと言われました。

逆に運搬料の方が高くつくので、買取というより引き取り処分という形になるということだったのです。

それで、売るのはあきらめようかとは思ったのですが、このまま家に置いていても、使わないまま場所を取るのは良くないので、せっかく連絡したこともあり、そのまま買取を進めてもらいました。

もっと色んな買取業者を比較すればよかったと後悔

買取してもらったから数年後、ピアノに詳しい友達にそのことを話すと、本当はもっと値段がつくはずだと言われて、もったいないことをしたと、売ったことを後悔しました。

昔のピアノの方が今のピアノよりも質が良いそうで、業者は再利用して今ピアノの需要がある中国などの海外へ高く売るのだそうです。

それを聞いて、なんだか悔しい気持ちになり、家族の思い出の詰まったピアノをタダ同然で引き取られてしまったことに、とても後悔してしまいました。

もしあの時売らなかったら、今頃は私の子どもがピアノを弾いていたはずでした。

ただ、あの頃は家のスペースが十分でなかったので、止むを得ず手放してしまいました。

もし、先に友達からの話を聞いていたら、売らずにいたかもしれないのに、失敗だったなあと思っています。

まとめ

買取額が二束三文にならないばかりか、逆に引取料がかかってしまったという高野さんの体験談でした。

彼女のように年式が古いから、調律してないから買取金額なんて安いだろうと先入観を持っている方は意外と多いですよね。

でも、電化製品と違って楽器はメンテナンスすれば再び蘇るものなんです。

でも今回のように、安い金額で買取をして他に高く売ろうという業者(むしろ担当者レベル)がいるのも残念ながら事実。

今回の口コミを参考に、納得のいく金額でピアノを買取をしてもらうためには、色々な業者から見積もりを取るようにしましょう。

>>>最大5社から無料で見積もりが取れるズバットピアノ買取比較